| 室伏広治 | 小林麻美 | 大林基子 | 根本はるみ | 松下由紀 | 松岡修造 | 純名りさ | 斉藤陽子 | 薬丸裕英 | 熊田曜子 | 乙葉 |
| 飯星景子 | 小池栄子 | 吉岡美穂 | 雛形あきこ | 丸山茂樹 | 和久井映見 | えなりかずき |


自分にあった道具で歯みがきを楽しもう!

ハンマー投げ競技で世界をリードする室伏広治さん。
輝く笑顔で「2006ベストスマイル オブ ザ イヤー賞」を受賞しました。
トレーニングさえ楽しむアスリート魂はデンタルケアにもしっかり生かされています。


渾身の投げの基本は歯を食いしばらないこと
 ダイナミックなハンマー投げでおなじみの室伏広治さん。投げる瞬間はすごい力で歯を食いしばるのでは?と思えますが、「実は歯を食いしばっていない時の方が調子はいいんです」とのこと。歯を食いしばるのは頭や首に余計なカが入っている証拠で、あまり力まず上半身がリラックスできている方が結果はよいのだそうです。
 「競技で消耗するのは、歯より喉かも。大きな声を出すので」と笑う室伏さんは、子供の頃から歯医者さん要らずしいうほど丈夫な歯の持ち主でした。大学時代に軽いむし歯を経験したもののむし歯痛で苦しんだ経験はなし。現在の心配は4本の親知らずで、炎症ができないよう普段からていねいなケアを、心がけています。
 「体調やみがき方によって、菌が入って歯肉が腫れたことが何度か。我慢できない痛みじゃなくても集中力は半減睡るので、試合前は特に清潔にするように気をつけています」。
 大会の前には歯科も含めた健康診断がありますが、世界を飛び回る競技生活の中でこまめに通院するのは難しいこと。そこでかかりつけの歯科医師に勧められたのが電動ハブラシ。朝は手みがき、夜はじっくり電動ハブラシでケアする習慣です。「最初はどっちでも同じだろうと思ったのですが、やっぱり電動ハブラシは気持ちがいい。奥歯や歯の裏側までしっかりみがけるので、それから親知らずが痛むこともなくなって嬉しいんです」。

トレーニングもケアもプロセスを楽しむのが一番
 幼少時代から海外での生活が多かった室伏さん。アメリカの小学校の指導で、舌をみがいたり、フロスを使うことにも早くから馴染んできました。「欧米人にとって、歯は人の印象を決める大きな要素。社会全体にその意識が浸透しているので、自然とケアにも力が入るんですね」。
 一例として挙げるのが、海外のドラッグストアに並ぶデンタルグッズの圧倒的な品揃え。「つまようじ一つでも、デザインや使い方に工夫がある。好きなものを選んで、試すのが楽しいんですよ。日本では選択肢が少なくて残念」。
 今愛用している歯みがき剤は、試しに使ってみてさっぱり感が気に入ったそう。続けて使いたいと成分を手がかりにネット通販で探して購入しました。
歯みがきグッズを選ぶプロセスも、ケァの一部として楽しんでいるとか。
 室伏さんはトレーニングもただ歯を食いしばって頑張るより、トレーニングそのものを楽しむ気持ちがなければ身につかない、と提唱しています。「"歯は大切だからきちんとみがけ"といくら言われても、今むし歯のない人にはピンとこない。ケアそのものが楽しいからこそやる気が出るんですよ」。
 たとえば食べ物の嗜好も、加工食品やスナック菓子はあまり食べず、できるだけ素材のまま味わいたいタイプ。これも「健康のためと意識しているのではなく、かみこたえがあるものの方がおいしく感じるから」で、何事も楽しく、おいしく、面白く挑戦する精神が、驚異的なパワーを生み出す強靭な身体を支えているようです。 

日本歯科医師会デンタルマガジン 朝昼晩 Vol.19 (2007/2)より 

---------------  Copyright(C) Laporte Dental Clinic  ---------------------


| 室伏広治 | 小林麻美 | 大林基子 | 根本はるみ | 松下由紀 | 松岡修造 | 純名りさ | 斉藤陽子 | 薬丸裕英 | 熊田曜子 | 乙葉 |
| 飯星景子 | 小池栄子 | 吉岡美穂 | 雛形あきこ | 丸山茂樹 | 和久井映見 | えなりかずき |


◎いい歯トーク 【小林麻美さん】  VS.【田口文彦 日歯広報部部会長】

田口 小林さんは、小さいころ歯のケアで困ったことはありましたか?
小林 小さい時は、むし歯の治療が痛くて怖くて、もう行きたくなくなって、完治しないままになっていました。
田口 小さい頃に怖い思いをすると、やはり歯医者さんに行くことが嫌になってしまいますよね(笑)。
    アイドル時代や女優・モデルさんとして活躍してからは、どうですか?前歯など、かなり
    気をつけてらしたのでは?
小林 前歯にむし歯などはありませんでした.八重歯がありましたが、当時はあまり気にしてい
    ませんでした..
田口 当時は、アイドルの八重歯はかわいいっていわれましたね、
小林 ただ、転んで前歯を傷めたのをきっかけにきれいに揃えました。
田口 歯周病のほうはどうですか?
小林 子供を産んでからですね、奥歯にちょっとした痛みを感じて、見てもらったら歯周病の始
    まりだっていわれました。
    でも子育てに忙しくて、あまり真剣に考えないうちに時間が経っていました。
田口 お見受けするところ、すごくいい歯だなって思うのですが、全部自分の歯ですか?
小林 ええ、ほとんど自分の歯です、でも歯周病が気になって、精神面の方が辛かった。
    たまたま近所の歯科医院に行ったところ、「だいじょうぶですよ。これは良くなります」っていわれて、本当にほっと
    しました。
    痛い思いもせず治療できました、たぶんにメンタルな影響ってあるんですよね。
田口 確かにありますね。まずは信頼関係ですね。
    治療についても、よく説明してもらうことで、歯科医師との信頼関係を築くことが大切です、歯周病も、正しい歯み
    がきで治ることが多くなりました。
    歯みがきは、1日に何回していますか?
小林 朝と晩の2回です。歯間ブラシもかならず、何種類か太さを使い分けてしていま。.
田口 時間はどのくらいかけてみがいていますか?
小林 1分くらいですか。
田口 もう少し時間をかけられるといいと思いますよ、特に寝る前の歯みがきは、TVを見ながらとか、「ながらみがき」
    でいいので3分以上は時間をかけて丁寧にみがいてください。ところで定期健診は行っていますか?
小林 年に1回くらいですね。
田口 それは少ないですよ。せめて年に2〜3回はいかないと歯周病とは慢性の疾患ですから悪くならないよう、ケア
    を怠らないようにしなければなりません。
    セルフケアも大切ですが、やはりプロケアが必要です。頻繁にプロケアを受けてください。
小林 歯医者さんに行くと緊張してしまって。画期的な方法って無いんですか(笑)?
田口 歯周病の特効薬っていうのは無いんですね(笑)。感染症のひとつですから、口腔内を清潔にすることが一番の
    方法です。
    歯みがきやデンタルリンスなど相当ケアしているつもりでも、プロから見るとかなり汚れていることが多い。
    定期的に染め出しをしてみたり、細菌チェックをしてくれるところもありますので、試してみてください。
    小さいころのお子さんの歯のケアはどうでした?
小林 息子なんですが、小さいころはむし歯が多くて.かなり神経質に歯科医院に連れて行ってました、それが中学くら
    いからは、むし歯が1本も無くて,今は、私譲りの八重歯の矯正を気にかけている程度です。
田口 小学校の歯科健診をやっていますが、5割位は歯並びが悪いんですよ、柔らかい食事なので噛むことが減り、
    あごが小さくなったからといわれています。
    たしかに噛む回数は重要ですよく噛むことでだ液を出すことは、ロ腔内を洗い流し清潔にします。食卓には堅い
    ものを取り入れる努力をしてください。
    これからますます高齢になるにつれて、自分の歯を維持することが大切になります。
    私たちも「8020運動」というのを推進していますが、「いかに一生、自分の歯で食べられるか」がテーマです。
    食生活は、全身の健康にも影響してきます.丈夫な歯で元気に、若さを保ってください(笑)、
    セルフヶア、そしてかかりつけの歯科医院での正しいプロケアをこれからもぜひ受けてください。
小林 ええ、そうします(笑)。

こばやしあさみ
70年代初頭、CMモデルとしてデビュー「初恋のメロディー」で歌手デビュー。アイドル路線をひた走る。80年代は女優、モデルとして大活躍映画「野獣死すべし」、ヒット曲「雨音はショパンの調べ」。当時はファッションリーダーとして数々の女性誌に登場。1988年、日本武道館にてコンサート1991年、結婚を機に引退。一児の母。 

日本歯科医師会デンタルマガジン 歯の学校 Vol.43 (2006/11)より 


---------------  Copyright(C) Laporte Dental Clinic  ---------------------


| 室伏広治 | 小林麻美 | 大林基子 | 根本はるみ | 松下由紀 | 松岡修造 | 純名りさ | 斉藤陽子 | 薬丸裕英 | 熊田曜子 | 乙葉 |
| 飯星景子 | 小池栄子 | 吉岡美穂 | 雛形あきこ | 丸山茂樹 | 和久井映見 | えなりかずき |


スポーツ選手にとって、歯のトラブルは大敵なんですよ。

 テレビでのはつらつとした印象そのままに、颯爽と現れた大林さんバレーボール選手としての現役時代は24時問、365日バレー漬けの生活で、体育館のコートに寝泊まりすることもあったほど、忙しく厳しい生活を送っていたそうだ。「コンディションは、常にベストな状態を目指してましたね。食事も、睡眠も、勝つためにはどうしたら良いかってことを考えてました。食事はすべて栄養士が管理していましたので、ひと試合の食事メニューもきっちりありましたね」
 アスリート特有の歯の悩みのために、お口の健康にも気をつかっていたとか。「スポーツ選手は奥歯をざゆっと噛みしめる。だから、奥歯がふつうに健康っていう入の方が少ないかもしれませんね。だけどもっと面倒なのはむし歯歯の痛みがあると、やっぱり試合に集中できなくなるのでそれに、海外でのトラブルがいちばん苦労しますね。日本の歯医者さんってやっぱり進んでると思いますよ。海外遠征でむし歯が痛んで、現地の歯医者さんに行ったのですが、麻酔を打てるドクターがいないからって帰らされたこともありましたしあと、私の現役時代は髪型やメイクに気をつかうのがタブーだったんですが、今ではマスコミに出る場血も多いので、歯並びを気にして矯正している選手も増えています」。
 芸能界へ転身したことで、健康への意識も変わったのだろうか、 「現役時代より今の方が食事や色んなことに対して気をつかってますね。昔はもう、型にはめられていたので、自分であまり工夫をしなくても、用意されたことをこなすことが大事という感じで。今は好き放題にしようと思ったらできるわけだし、毎日が違うので健康管理はかえって今の方が大変かもしれませんね」。
 大変と言いながらも、その健康的な笑顔から、心身のコントロールはしっかりできている様子。歯の健康に関しては、普段のお手入れはごくシンプルで、歯科医師への信頼が厚いようだ。「私は歯医者さんに行ってまかせちゃうっていうタイプですね。家では普通の歯みがきとか、本当にあたり前のことをちゃんとやる感じ。テレビや舞台に出る方は歯への意識がすごく高いので、お友達の女優さんに歯医者さんを紹介してもらってます」。幼い頃、歯科医院は苦手だったとか。
 「歯があることの大切さは、大入になってくるとわかってきますよね入れ歯や差し歯で見た目の美しさはかなうけれど、やっぱり自分の歯を大事にしたい」。
 ストイックな姿勢は、バレーに対しても、ご自信の歯の健廉に対しても同じである。
 「努力したものは結果として必ず出るのがスポーツ。だから、厳しい練習にも耐えられたんです」
 スポーツキャスターとして、北京オリンピックで選手のがんばりを伝えるのが今の夢。そしてこの秋には念願の舞台デビユーも。 ひたむきな強さが、夢をかなえる原動力となっている。

おおばやしもとこ●東京都出身、身長182cm。バレーボール日本代表としてソウル五輪、バルセロナ五輪、アトランタ五輪に連続出場。その間、95年にイタリアセリエA・アンコーナに所属。日本人初のプロ選手となる。97年に引退後、芸能界へ。スポーツキャスターとしてのバレー解説やバラエティ番組への出演など、TV・ラジオをはじめとする多方面で活躍中

日本歯科医師会デンタルマガジン HAPPY SMILE Vol.14 (2006/10)より 


---------------  Copyright(C) Laporte Dental Clinic  ---------------------


| 室伏広治 | 小林麻美 | 大林基子 | 根本はるみ | 松下由紀 | 松岡修造 | 純名りさ | 斉藤陽子 | 薬丸裕英 | 熊田曜子 | 乙葉 |
| 飯星景子 | 小池栄子 | 吉岡美穂 | 雛形あきこ | 丸山茂樹 | 和久井映見 | えなりかずき |


子どもの頃からずっと歯みがき、大好き!

おおらかな笑顔とトークで活躍される根元はるみさん。
コンプレックスだった子どもの頃の矯正経験が現在の丁寧なケアにつながっているそうです。


矯正装置の意外な効果、歯みがきを楽しいものに
 「歯みがきが大好きなんですよ。家ではテレビを見ながら、お風呂に入りながらと、ながらみがきを楽しんでいます」と笑う根本はるみさん。
 思いついたらすぐ手に取れるよう、自宅では洗面室のほか、浴室やキッチンにも歯みがきセットを配置。「その時の気分によって、みがく場所も雰囲気も変える」というのも根本さん流。
 歯みがき剤もお風呂ではキシリトール入り、洗面所は着色落とし用など、場所ごとに違った種類を使い分けています。
 「みがいている途中で、歯の表面がキュッキュッという感触になるのが自分なりの終〜サイン。それを感じない歯は失格なんです」。一本一本の歯を意識して丁寧に。夜は舌もみがくと翌朝、口の中がスッキリするそう。
 そんな根本さんも子供の頃はむし歯が多く、また歯並びの悪さも悩みでした。「ある口突然、母親に連れて行かれ矯正することに。小学校から中学校にかけて器具をつけていたんです」。
 当時は左右の側切歯(前歯と犬歯の間の歯)が奥に引っ込み、前歯が出て見えるコンプレックスで、思いきり笑えなかったそうです。「食後に必ずみがくのですが、細かい部分は汚れやすくお手入れも面倒。学校では器具を外して洗っている姿を見られたくなくて、ずいぶん窮屈な思いをしました」。
 でもその経験があるからこそ、矯正が終わった後のきれいな前歯は、特別な宝物のように思えたそう。「もう人目を気にせず、堂々と笑顔になれます。だから今も、歯をみがくこと自体が楽しくてしょうがないんです」。

小さい頃から通いなれた歯医者さんの匂いが大好
 無理やり矯正に連れて行ったお母様に、今では心から感謝しているという根本さん。「「あなたの歯にはずいぶん苦労をしたから、絶対にむし歯にしないで!』と言われて育ちました(笑)」。
 その精神はしっかり引き継がれ、根本さんはペットの犬の歯みがきまでも怠りません。ゴム製のサックを指につけ、歯や歯ぐきをこすって歯石を除去するケアで、「小さい頃から口に手を入れる癖をつけると、全然嫌がらないんですよ。慣れだと思うんですが、私も小さな頃から通っているから、歯医者さんが苦手じゃないんです」。
 むしろツンとした独特の匂いが大好きという根本さんは、現在かかりつけの歯科医院に1〜2カ月に一度は通院。
親知らずが4本あるため、早めのチェックを心がけ、クリーニングも楽しみにしているそうです。
 そんな背景には、高校卒業後の留学経験も大きいとか。「オーストラリアは治療費が高いので、気になる歯は日本に帰ったときに治しておこうと。それに海外の友人は皆、歯のケアに熱心で、電動ハブラシの愛用者も多く、私もよく勧められました。歯みがきで気分転換したり楽しむコツは、友人たちから教えてもらった気がします」。
 何よりも毎日のケアを楽しむこと。それが、健康な美しい歯を保つ一番の近道といえそうです。

わたしのデンタルケアポイント
@洗面所以外の場所にも、歯みがきセットを常備
Aキュッキュッと音がでるまで、じっくりケア
B1〜2ヵ月に1度通院で歯をチェック

根本はるみ・ねもとはるみ
●1980年千葉県生まれ。英会話、料理スキューバーダイビングなど、多くの特技や趣味を活かしてバラエティ番組やドラマに活躍。
現在、『おとじまん』(ラジオ日本)、『パチンコNOW TV SITE SEVEN』にレギュラー出演中。


日本歯科医師会デンタルマガジン 朝昼晩 Vol.19 (2007/2)より 


---------------  Copyright(C) Laporte Dental Clinic  ---------------------


| 室伏広治 | 小林麻美 | 大林基子 | 根本はるみ | 松下由紀 | 松岡修造 | 純名りさ | 斉藤陽子 | 薬丸裕英 | 熊田曜子 | 乙葉 |
| 飯星景子 | 小池栄子 | 吉岡美穂 | 雛形あきこ | 丸山茂樹 | 和久井映見 | えなりかずき |


◎いい歯トーク 【松下由樹さん】

「目はロほどにものをいい」といいますが、歯はその人を大きく語ります。
歯は今でもすごくいいんですけれど、子どもの頃、歯は強くなかった。だからかえって歯に気を使うのかな。ひと月に1回は歯医者さんに通っています。気持ちが落ち着きますし、切り替えにもなります。私にとって、きっとメンタルケアにもなっているのでしょうね。


何か特別な健康法はおありなのですか

松下 い〜えいえ、美しいだなんて(笑)。ドラマや撮影が続きますと、食生活が乱れることがありますから、 自分で食事の用意をするときには気をつけていますね。たとえば豆類やお野菜や、温かいものを摂るように心がけています。 お友達のお母さまにつくっていただいたりとか。お豆なんかあまり好きじゃなかったけれど、そのお母さまのおかげで好きになっちゃいました。 それと、どれだけ気持ちよく過ごしていけるかですね。ストレスをためないことですね。

きれいな歯をしていらっしゃいます。

松下 小さいころは歯がそんなに丈夫じゃない子どもでした。むし歯が多かったとかいうのではなく、弱い歯でしたね。
今は、ひと月に1回は歯医者さんに通っています。歯の治療を受けるわけではありませんが、つぎいむを守って、歯のクリーニングをやっていただいています。つきいちは、歯のことを、全身の健康のことも考えられるいい機会になるんです。先生と会ってお話しをしていると歯に関する知識も付きますし、安心を得られますね。


なるほど、松下さんの月いちの歯医者さん通いは、そうしたメンタルな部分もかなりあるということですね。
たとえば歯並びをキレイに矯正した場合、患者さんの性格は明るくなり、精神的な健康を取り戻し、美しくなるといわれています。こんなにはっきりと生活スタイルとして歯のことを考え、取り組んでいる方に初めてお会いしました。松下さんのかかりつけのその先生、歯科医師みょうりにつきますね。

松下 人と接してるときには歯を中心にその人を見たりしているんですよとか、私ならわたしなりの歯を中心に物事を考えていけばいいんだよみたいなことを、その先生から教わりましたね。ココロを歯に集中すると、その人の歯は、その人にしかない、愛おしいな、大切にしなくちゃって…。
そうね、歯に神経はあるけどココロはないですよね(笑)。


おっしゃっていること分かります。
そうした感覚や、ものの見方、松下さんの生き方や女優としての開花に大きく関係していますね。

松下 そうした、ちょっとした日常の中で、小さなことに気づいたり見つけたりすること、その積み重ねか成長かも知れませんね。きっと私ってポジティブなんだと思います。笑うのも増えましたよ。

それでコメ暇誓でもご活躍を。めれは松下さんの地なのですか。
ファンの人は、そこのところを知りたがっています。

松下 もう5年目に入りますが、そうだとしたら演技派女優として大成功ですね(笑)。与えられた役回りを淡々とこなしてるというのが実情です…と申し上げておきます。

最後に、松下さんの歯のセルフケアといいますか、日々のお手入れについてお聞かせください。

松下 食べたらその都度、歯ブラシでみがくが基本ですね。あと、デンタルフロスの付いたピック、あれも使います。私の歯並びでは歯ブラシの毛先の届きにくいところがあるのです。電動の歯ブラシも持っていまして、撮影の合間などにみがくこともあります。
これは食後の汚れ落としみがきじゃなくて、エチヶットとして。
サッパリしたい時、それと気分転換ですね。気分転換や、発想が行き詰まったときに歯をみがく人っていますよね。私もそうなんです。
やっぱり私の健康って歯を見つめ、歯から始まっているってことなのかしら


◎インタビューを終えて
女優になる前にニューヨークに渡り、ジャズダンス、タップ、バレーを学んだ松下さん。美しい身体に鍛え上げたプロ魂が全身から発散していま・した。そうして自分のスピリッツの中心は「歯」なのだと話してくださいました。(内田美樹)

日本歯科医師会デンタルマガジン 歯の学校 Vol.42 (2006/6)より 


---------------  Copyright(C) Laporte Dental Clinic  ---------------------


| 室伏広治 | 小林麻美 | 大林基子 | 根本はるみ | 松下由紀 | 松岡修造 | 純名りさ | 斉藤陽子 | 薬丸裕英 | 熊田曜子 | 乙葉 |
| 飯星景子 | 小池栄子 | 吉岡美穂 | 雛形あきこ | 丸山茂樹 | 和久井映見 | えなりかずき |


健康な歯が、全ての基本です。【松岡修造】

指導者として、またスポーツキャスターとして活躍する松岡修造さん。
「健康な歯はプロの基本」という教えの裏には現役時代に悩まされた、むし歯の経験がありました。


むし歯を治すと、体調もバランス感覚もよくなった

 ファイトあふれる解説や応援で、スポーツ界に熱いパワーを吹き込む松岡修造さん。ここ10年は大きなむし歯はありませんが、それ以前はかなり歯の苦労があったそうです。
「昔からむし歯は多かったのに歯医者さんが嫌で、子供時代には治療に通った記憶がほとんどない」とのこと。
 高校卒業後にプロになった当初も、左の奥に大きなむし歯があり、やがて「左側で食べ物がかめない状態」に悪化。そこで思い切って集中的な治療を受けたことが、大きな転機になったようです。「歯を治したことで力をかける身体のバランスが良くなり、体調も良くなった。それまでよりプレーにも力を出せるようになりました」
 それ以来、歯に対する考え方は劇的に変わりましたが、環境が変わる海外の試合では突然の歯の不調も度々経験したそう。「致命的な痛みでなくても、歯に不快感があると気分的に集中できない。予想以上に歯は繊細なんですね」。外国では信頼できる歯科医師にかかるのも難しく、実際にむし歯で棄権する選手も珍しくないとか。松岡さん自身もほんの少しの歯のトラブルが、大きなダメージになったことも。「だからこそ日頃からストレスに強い、健康な歯をつくることは重要ですね。ジュニアの合宿では必ず言います。『強くなりたければ、まずむし歯を治すこと。僕はそれができなかったから、力を存分に発揮できずに損をした』と。僕自身が苦い経験をしたので、たぶん説得力あると思うんですけど(笑)」。

口の中をクリアにすると落ち着いて集中できる
 普段のケアは、電動ハブラシやデンタルフロスを現役時代から愛用。「右肩を痛めて腕を動かせない時に使い始めたのがきっかけ。今も手みがきは力が入りすぎてしまうから、正しくみがくために歯医者さんからも電動を勧められて。ついパソコンを見ながら長くみがき続けてしまうので、2分くらいで終わらせるよう注意されています(笑)」。
 さらに、歯と歯の間はフロスを使ったピンポイントのケアも欠かさないそうです。
 また松岡さんは毎食後のほか、仕事前にも必ず歯をみがくのが習慣。「それは主に集中するため。スポーツ選手は緊張すると口の中で舌をよく動かすことが多いのですが、歯の裏側に触れた時ツルッとしていると安心して集中できる。
何かひっかかったり、ザラザラすると気が散るんですよ」
 現在は口の状態をチェックするため、1〜2カ月に一度は歯科医院に通う松岡さん。「定期的に診てもらえば、僕でもむし歯になりようがないと分かりました」と少し残念そう。松岡さんといえば、おいしいものが大好きなことでも有名。「もし一本もむし歯がなければ、もっと本物の味が味わえたんじゃないかと思います。それが悔しいですね(笑)」。

わたしのデンタルケアのポイント
@朝晩は電動はブラシとフロスでケア
A試合前、仕事前には集中のためにも歯みがきを
Bこまめな通院で口の中の状態をチェック

松岡修造(まっおかしゅうぞう)
1967年東京都生まれ。'86年よりプロテニスプレイヤーとして活動。'95年ウィンブルドンでベスト8入りを果たし、日本男子テニス界の第一人者に。「98年の引退後はテニスの普及に努め、ジュニア育成にも力を注ぐ。また、スポーツキャスターとしても人気が高い。

日本歯科医師会デンタルマガジン 朝昼晩 Vol.17 (2006/2)より 

---------------  Copyright(C) Laporte Dental Clinic  ---------------------




| 室伏広治 | 小林麻美 | 大林基子 | 根本はるみ | 松下由紀 | 松岡修造 | 純名りさ | 斉藤陽子 | 薬丸裕英 | 熊田曜子 | 乙葉 |
| 飯星景子 | 小池栄子 | 吉岡美穂 | 雛形あきこ | 丸山茂樹 | 和久井映見 | えなりかずき |



◎いい歯トーク 【純名りささん】  VS.【飯島裕之先生 日本歯科医師会広報委員】

小さいころから歯医者さんには通いました。いま、歯並びや噛み合わせは完璧です。
明眸皓歯(めいぼうこうし)とは、瞳が澄んで歯が白いこと。
美人の形容。純名さんのためにあることばですね。


飯島 純名さん、小さいころの歯のケアで、苦労したことがありますか。
    そこからお聞かせください。

純名 小学校低学年のころ、前歯の歯と歯の間が開いていたんですよ。姉も同じで、
   家系かなって。そのうち大きくなったら閉じるんだよと教えられましたが、いつも
   気になっていました。

飯島 そうすると、小さいころから歯科医院には通われていたんですね。

純名 歯医者さんってかっこ良く見えるんですよ。歯医者さん、マスクをしていて目だけで語る。私が小さいころ通って
   いた先生は素敵に見えましたね。あの削る音だけはいやでしたが…。

飯島 じゃあ、歯科医院に対する恐怖心はさほどなかった。現在では音もずいぶん改善されていますよ。
   純名さんは宝塚に入られましたね。女優さんとか、芸能界で働く人たち、TV等で活躍される方々の歯について、歯科
   医師としては大変気になるところです。

純名 私たち、舞台に立つ者は大きなロを開けて歌ったり、台詞を喋ったりします。
   歯医者さんのファンの方もたくさんいらして、近い席だと、『あ、奥から2番目が黒い』とかって分かるんですって。
   私、前歯に問題のあった乳歯が生え変わって、永久歯になってから歯並びはすごくいいんです。
   歯の矯正とか、したことがないですね。

飯島 そうですか。歌ったり、声を発することには、歯が大きく影響しますね。
   歯が1本でも抜けていたり、噛み合わせが悪いと発音が悪くなったりします。
   人によっては、引っ込み思案な性格になってしまう方もいらっしゃいますね。

純名 先生、噛み合わせですが、噛み合わせが悪いと顔も歪んできますか。そう聞いたものですから。

飯島 その通りです。噛み合わせがうまくいかない時期、親知らずとかで苦しむ年代がありまして、純名さんが宝塚に
   入られたころの年齢でしょうね。親知らずは、歯の中で一番最後に生えてくる歯ですから、これがその人の歯並び
   に大きく影響します。

純名 私、親知らず全部は生えてこなかったんです。それと、まだ乳歯が1本残っているのですが、大丈夫ですか。

飯島 大人になっても乳歯が活躍している人はいます。問題はないのですが、乳歯は永久歯に比べてエナメル質
   (歯の表面を覆う硬い部分)が薄いのです。そのため、すり減らして歯の内側・象牙質というやわらかいところもでて
   きやすいのです。そのことを意識して十分ヶアすることが大切です。
   大病をした人が、その後の自己管理で健康を気遣い、丈夫で長生きしているようにです。

飯島 純名さんのかかりつけの歯科医院についてお聞きします。最近のお付き合いの仕方は。

純名 以前治したところに不具合が出てくる年齢になりました(笑)、それで通っています。

飯島 それは、まだ純名さんがお若いのです(笑)。
   成長期には骨格が成長しますから、顎も育ち、歯も動きますが、成人になってからも治療した歯や歯並びは変化し
   ます。もっと年齢を重ねると歯ぐきの後退などで別の問題が発生します。
   ですから、何時でも何歳でも定期的な健診が必要ですよと私たちは言っているわけです。

純名 私、どうしてもお昼に歯をみがけない時があります。そんな時は、デンタルリンスで済ませるのですが…。

飯島 1日3回みがきましょうというのは、食べたらみがくということなのです。お仕事柄、食事の後でなくてもステージや
   カメラの前に立つときはみがかれると思います。
   それと、デンタルリンスは食べかすを取り除き、殺菌効果もありますがプラークは除去できません。
   やはり歯の表面や歯と歯ぐきの間は歯ブラシでみがいてください。

純名 デンタルフロスとか歯間ブラシも使いますが。やはり時間がなかなか…。

飯島 それらは時間のある時に。
ほとんどの方は夜でしょうか。寝る前にリラックスして歯間のプラークに立ち向かってほしいですね。

純名 フロスって歯と歯の間に入れる時、歯も指も痛いんです。

飯島 それは、フロスをこう握って、こう動かすんですよ(略)。

純名 すごい。そうなんだ。でも、それってあまり教えてくださる方がいらっしゃらないですよね…?

飯島 いえいえ、それを指導するのも私たちです。かかりつけの歯科医院で遠慮なく聞いてください。
   歯科医師や歯科衛生士の仕事です。歯間ブラシは、先端の太さが1種類ではだめなのです。歯の隙間は歯の並び
   によって違いますから、数種類揃え、どの歯の間にはどの太さなのかと覚えてください。

純名 分かりました。
   私、今日教わったこと、みんなに伝えます。歯の伝道師になります(笑)。どうもありがとうございました。
日本歯科医師会デンタルマガジン 歯の学校 Vol.43 (2006/11)より 

---------------  Copyright(C) Laporte Dental Clinic  ---------------------




| 室伏広治 | 小林麻美 | 大林基子 | 根本はるみ | 松下由紀 | 松岡修造 | 純名りさ | 斉藤陽子 | 薬丸裕英 | 熊田曜子 | 乙葉 |
| 飯星景子 | 小池栄子 | 吉岡美穂 | 雛形あきこ | 丸山茂樹 | 和久井映見 | えなりかずき |



歯周病が怖いので毎食後ブラッシング。歯ぐきのマッサージもの日課です。

 テレビのなかでいつも素敵な笑顔を振りまく斎藤さんが、お口について一番気をつけていることは何ですか?
 「いつまでも自分の歯でご飯を食べることを心がけています。これはかかりつけの歯医者さんに教えていただいたことなんですが、やはり自分の歯で食べられる人はいつまでも健康ですし、長生きもできるんですって!ですから私はむし歯や歯周病で歯を失いたくないですから、お口のお手入れ、特に歯ぐきのケアをしつかりしています。歯ぐきマッサージなんて毎日15分くらいしていると思いますよ。歳とってから、それこそ80歳くらいで全部自分の歯なんですよ、なんて素晴らしいことじゃないですか」
 お話をお伺いしている間もお口からちらりと覗く白く美しい歯が印象的。そのルーツは、大学時代をアメリカで過ごしたことにあるのかもしれません。
 「確かにアメリカに留学しているときは、お口のケアについてのアメリカと日本の意識の違いを感じました。第一印象を大切にするアメリカでは、美しい笑顔のために親も意識がとても高いですし、生活のなかに普通に入っている感じですよね。帰国して私は長野朝日放送のアナウンサーになりましたが、情報の送り手側として、アメリカでの笑顔づくりの経験が少しは役に立ったのではないかと思います。そういう意味でお口はもちろん、歯が果たす役割って大きいですね」
 斎藤さんの健康法は、とにかくストレスを溜めないこと。心の健康が身体の健康を招くというお考えをお持ちです。そのためには固定概念や常識に縛られないようにすることが大切。ストレスが無いと五感が解放され、何をするにも楽しさが広く、深くなっていくということです。
 「具体的には毎日20〜60分のイヌの散歩と言いますか、イヌといっしょにウォーキングを楽しんでいます。最近始めたことではアロハヨガなんていうのもあります。お部屋のなかで波の音を聞きながら、いろいろなポーズをとる。要は呼吸法なんですね。この辺りが私なりのエクササイズ。あまりストイックなことは長く続かないですし、逆にストレスが溜まりそうで私には向いていません。
 それとショッパサイズが大好き。つまりショッピングなんですが、その最中ってアドレナリンが出ているのかもしれませんが、お洋服とか見ながら6時間歩くのも平気。何もしないでそんなに歩けないですものね。ショッパサイズでいくところでドラッグストアも大好きですよ。特にハミガキ剤や歯ブラシのコーナーって、これ何だろうというモノがいっぱいあったり、行く度に違うものがあったり、つい買ってしまうんです、同じようなモノが家にあるのに。私は電動歯ブラシが基本ですが、歯間ブラシやフロスなど、いろいろ使います。そういう意味で、私って結構デンタルオタクなんですよ」
 ご自身でもいろいろなオーラルケアを実践し、しかもかかりつけの歯医者さんにも定期的に通うという意識が、健康的な美しさを支えているのでしょうね。

さいとう・ようこ
●斎藤陽子 長野県出身。Northern Virginia Community College卒業。長野朝日放送のアナウンサーとしてデビュー。
いまは女優・声優・ナレーター・キャスター・DJとして大活躍するマルチタレント。身長169cm。血液型A型の牡牛座。


食べ物をおいしく味わったり、楽しくおしゃべりしたり。豊かで楽しい人生を過ごすためには、おロの健康は欠かせません。特に本当の歯は、入れ歯よりも咀鴫(かみくだくこと)能率が優れており、噛むことで脳の血流や内臓での消化・吸収を高め、身体にも様々な効用を生み出しているとも言われます。
 そこで厚労省と日本歯科医師会では「80歳以上になっても健康な歯を20本以上残そう」という活動を行っています。なかでも歯を失う原因でもっとも多く、生活習慣病の一つとしても数えられる「歯周病」の予防を積極的に推進。暴飲暴食や不規則な生活の見直しをはじめ、毎日の歯や歯ぐきのチェックや正しいブラッシング、歯間清掃用具の併用をすすめています。さらには幼少時からの正しいデンタルケアの重要性も掲げ、行政と歯科医師会、歯科医師、歯科衛生士などが一丸となって広くアピールしています。
 しかし、予防で一番大切なのは「個々の自覚」。まずはあなたがしっかり意識しておロの健康を守っていきましょう。

日本歯科医師会デンタルマガジン HAPPY SMILE Vol.13 (2005/10)より 

---------------  Copyright(C) Laporte Dental Clinic  ---------------------




| 室伏広治 | 小林麻美 | 大林基子 | 根本はるみ | 松下由紀 | 松岡修造 | 純名りさ | 斉藤陽子 | 薬丸裕英 | 熊田曜子 | 乙葉 |
| 飯星景子 | 小池栄子 | 吉岡美穂 | 雛形あきこ | 丸山茂樹 | 和久井映見 | えなりかずき |



僕は、むし歯で悩んだことはない。これからは歯周病が心配かな。

すっかり日本の朝の顔になった薬丸裕英さん。
実は、歯の健康に関しての正しい知識を豊富にお持ちです。今日は、日本歯科医師会広報委員会委員の飯島裕之先生に興味深い「なるほど」というお話を伺いました。


飯島 朝早い生の番組(はなまるマーケット/TBS)をお持ちですよね。毎日の薬丸さんの朝はどうなっているのですか。

薬丸 早起きの人より早い時間に起きますね。少し経って家を出ますが、歯だけみがいて、顔は洗いません。

飯島 それはまたどうしてですか。

薬丸 車中でも少し寝ていたいものですから、顔を洗うと目が覚めてしまいます(笑)。普段は朝食もテレビ局に入ってからです。僕、歯は1日に5回みがきます。まず家で起きて、局で朝食の後、昼と夜の食事の後、そして寝る前に必ずみがきますね。

飯島 すると歯には気を遣って、一日トータルで考えれば、随分長い時間をかけて手入れをしていることになりますか。

薬丸 といいますか、歯は僕の中で自慢できるところなんです。おかげさまで、歯は小さい頃から丈夫なんですよ。番組でも歯の健康に関するテーマは何度か取り上げていますので、結構詳しいかな。歯ブラシも使い分けていますね。普段は軟らかい毛のものを使っていますが、場所によってみがきにくいところもありますし、奥歯の後ろが一番大変です。ここは硬い毛のもので掻き出すとか、数本使い分けます。

飯島 立派ですね。何も申しあげることはありません。

薬丸 うちの子供は、上から11歳、9歳、6歳、3歳です。4人います。

飯島 そうすると一番上のお子さんは、もう永久歯が生え揃っていますか。一番奥に12歳臼歯(第二大臼歯=一生付き合う大事な奥歯)が顔を出す年齢です。お子さんの歯に関しては気を遣ったり、指導をされていますか。

薬丸 ええ、やはり番組で得た知識、歯ブラシの握り方はエンピツを持つようにするとか、強くあてないとか…ことあるごとに言いますね。

飯島 子供の頃から、きちっと見てあげるということが大切です。小さいころは、親がブラッシングの仕上げを手伝ってあげてください。仕上げチェックは小学校3年生位までは必要だと思います。

薬丸 そうですか。うちでは小学校に上がったらやめてきましたが。

飯島 毎日の歯・おロの手入れは、欠かすことのできないものです。ご家庭でのセルフケアと同時に、かかりつけの歯科医院でのプロフェッショナルケアも、おロを健康に保つためには大切になってきます。

薬丸 うちの子供たちは、月に1、2度は歯医者さんにいっているかな。

飯島 かなり頻繁に歯科医院に通っているんですね。通常、半年に一度は歯やおロの状態のチェックで健診を受けようとおすすめしています。

薬丸 兄弟が多いんで、誰かがいくとついていくみたいですから、いく回数は多いんです(笑)。

薬丸 それと、わが家の食事は日本食が多いのです。たくあんなどの硬い食べ物も毎食必ず食卓には出ています。よく噛むということも大事だと思っていますので、よーし今日は100回噛もうとか、ゲーム感覚でやっていますね。100回も噛んでいると、ロの中にはもう食べ物が残っていない。

飯島 よく噛むということは、だ液をいっぱい分泌して、消化を助けるばかりでなく、あごを発達させ、しっかりした歯並びをつくり、脳の働きにも良い影響を与えると言われています。

薬丸 家からは、かなり理想に近いし「歯生活」が見えてきます。とても良いかたちですね。

薬丸 本当ですか。ありがとうございます。僕自身の問題としては、30歳を過ぎてから、歯の間が空いてきたかなというのが実感としてありますが。歯周病や歯肉炎、僕の場合これはどうでしょうか。

飯島 こうして拝見していますと大丈夫じゃないかなと思います。そのように絶えず気配りをされていることがまず大切なことなのです。薬丸さん、これからも朝の番組を通して歯の大切さや日頃からのケアの重要性を視聴者の皆さんに伝えてください。

薬丸 ええ、がんばります。お約束します。

日本歯科医師会デンタルマガジン 歯の学校 Vol.34 (2002/6)より 

---------------  Copyright(C) Laporte Dental Clinic  ---------------------




| 室伏広治 | 小林麻美 | 大林基子 | 根本はるみ | 松下由紀 | 松岡修造 | 純名りさ | 斉藤陽子 | 薬丸裕英 | 熊田曜子 | 乙葉 |
| 飯星景子 | 小池栄子 | 吉岡美穂 | 雛形あきこ | 丸山茂樹 | 和久井映見 | えなりかずき |



歯がきれいになると笑顔が多くなります!

輝くような瞳と白い歯が印象的な熊田曜子さん.きれいな歯の秘訣は、
「1日3回のていねいな歯みがき」。どのようなケアを実践されているのでしょうか。


歯の隅々までみがけるから子供用の歯ブラシを愛用

 芸能界に入る前は看護学校に通っていた熊田曜子さん。それが自分の身体を見直すきっかけとなり、歯に対する意識も変わったそうです。「大人の歯は生涯この一本だけ。大事にしないと将来大変だとよくわかり、必ず歯ブラシセットを携帯するようになりました」。
 一番大切にしているのは、朝昼晩の基本のケア。その中にも熊田さんならではのこだわりが感じられます。
 みがき方で気をつけているのは、歯の裏側や犬歯のとがった先など、部位に
応じてブラシの持ち方、当て方を細かく変えること。その教訓になったのは、小学校時代の歯みがき実習だとか。
「みがき残した歯垢が着色されるカラーテスターという薬を使ったら、裏側やすき間がバッチリ赤紫色で(笑)。こんなにみがけていないのかと、自分のみがき癖もはっきりわかりました。それからは乱暴な横みがきはやめて、裏側は縦に持ちかえたり、一本一本の歯を隅々までみがくようにしています」。
 毛先が小さい方が使いやすいと、熊田さんが愛用するのは子供用の歯ブラシ。
「母の提案でうちは家族全員が子供用です。大きなブラシは口の内側に当たると痛いし、歯ぐきを傷つけないか心配で。
あと歯みがき剤も、たっぷりとつけすぎないようにしています」。つける量はブラシの半分から1/3程度。多すぎると辛くなりすぎたり泡であふれたり、ていねいにみがきにくいからです。
 さらに、使った歯ブラシは1週間ごとに新しく取り替えるそうです。「酷使して消耗が激しいこともあるけれど、何よりいつも清潔なものを使いたいから」とのこと。美しい笑顔の裏には細心のケアがあることがわかりました。今後は電動ハブラシを試したいと検討中」だそうです。

歯に自身が持てると笑顔に自身が持てると思う。


 以前、番組の中で「骨がスカスカ」と指摘されてから、おやつ代わりに持ち歩くようになったのは、煮干しやするめ。
強い骨と歯をつくるため、何度もかむことを意識しながら食べているそうです。
また、片側だけでかむと表情に影響が出るので、できるだけかみ癖をつけない配慮もされています。
 ここ数年、歯のトラブルはほとんどありませんが、小学3年生の時には乳歯が自然に抜けずに、全部麻酔で抜歯するという辛い経験が。「その頃はかなり歯医者さん恐怖症に

なりましたが、今かかっている先生には安心して何でも
相談できます。結局、痛い治療をしないですむと、歯医者さんを怖がる必要なんて全然ないんですよね」。
 歯に自信があるのとないのでは、笑顔が全然違うと断言する熊田さん。「自分でも治療が終わると、歯を見せたくなって笑顔が多くなりますね」。
 歯は身体の一部であると同時に、心の一部でもあるようです。

わたしのデンタルケアのポイント
@子供用の歯ブラシできめ細かくケア
A歯ブラシは1週間で交換する
B歯みがき剤はつけすぎない

熊田曜子(くまだようこ)
1982年岐阜県生まれ。高校卒業後、看護学校在学中にオーディションを受けて、芸能界入りを果たす。
写真集やDVDなどグラビアアイドルとしての活躍を中心に、最近はテレビのバラエティ番組やラジオ、CMにも多数出演中。


日本歯科医師会デンタルマガジン 朝昼晩 Vol.16 (2005/7)より 

---------------  Copyright(C) Laporte Dental Clinic  ---------------------




| 室伏広治 | 小林麻美 | 大林基子 | 根本はるみ | 松下由紀 | 松岡修造 | 純名りさ | 斉藤陽子 | 薬丸裕英 | 熊田曜子 | 乙葉 |
| 飯星景子 | 小池栄子 | 吉岡美穂 | 雛形あきこ | 丸山茂樹 | 和久井映見 | えなりかずき |



きれいな歯は笑顔の一部です

癒やし系の笑顔で大活躍の乙葉さん。
甘いお菓子が大好きだそうですが、現在むし歯はなし。「歯医者さんが全然嫌いじゃない」という理想的なお話を語ってくださいました。


子どもの頃から歯医者さんは身近な存在だった

 「この仕事を始めて、歯にとても注目するようになりました」という乙葉さん。白くて美しい歯並びが印象的ですが、「乳歯の頃は学校へ通うのと同じくらいの頻度で、歯医者さんに通いました(笑)。原因はおやつですね。私を可愛がってくれるあまり、一緒に暮らしていた祖父が何かにつけお菓子をくれて。すっかり甘いものが好きになってしまいました」。
 乳歯のむし歯はあっという問に広がるため、歯の治療はほぼ日常的な習慣だったとか。でもそれは幼い乙葉さんにとって、まったく苦痛ではなかったそうです。「泣かずに治療が終わると先生がほめてくれて、いつも優しくしてもらった記憶がいっぱい。おかげで歯医者さんへの抵抗感は今も全然ないんですよ」。
 物心つく前から当たり前のように通院していたことで、痛い、怖いというイメージよりも、むしろ常に必要な存在だと考えるように。幼少期の経験から歯の治療が苦手になる人も多い中、乙葉さんのケースはお手本になりそうな体験かもしれません。

どんなに疲れていても歯にがきには手を抜かない

 永久歯になってからはむし歯も減った乙葉さんですが、現在もかかりつけの歯医者さんとの関係は大切にされています。その先生と出会う前には、治療中のコミュニケーションに後悔することもありました。
 「治療していた歯のかみ合わせが気持ち悪いと感じたのに言い出せずにいたら、後から頭が痛くなって大変で。
心配なことは自分からきちんと言わないと、身体のあちこちに不調が出るとわかりました。だから、今は少しでも気になることは迷わず先生に聞くようにしています」。
 事務所から近い歯科医院を選んだのも、通いやすさを重視したため。健康な歯を保つ秘訣は、何かあればすぐに診察を受けるフットワークのよさにありそうです。
 普段のケアは朝と夜、家では電動ハブラシ、外出先では手みがき、と使い分けされています。電動ハブラシは「手みがきでは毎日みがいていても、みがき残しがある」と歯医者さんからすすめられたもの。「歯と歯ぐきの境目や奥歯など、手みがきでは届きにくい部分にブラシが当たる感触があって気持ちいい」とのこと。お仕事柄、不規則な生活になりがちですが、どんなに時間がなくても朝と夜の歯みがきだけはていねいに時間をかけているそうです。
 「まわりを見ると笑顔の素敵な人はみんな歯もきれい。歯は顔の一部なんだなと感じることが多いので、粗末にしないで長くつきあっていきたいです」。

わたしのデンタルケアのポイント
@少しの不調でもすぐに歯医者さんに相談
A朝と夜は電動はブラシでじっくりとケア
B歯は顔の一部だと意識してよく見る

乙葉(おとは)
1981年長野県生まれ。18歳の時にスカウトされ芸能界へ。CMドラマ、バラエティーのほか舞台や映画でも活躍、アイドルから女優へと転身中。現在、フジテレビ「笑っていいとも」、日本テレビ「ごくせん」などに出演。映画ではショートフィルム集「Jam Films S」、「いぬのえいが」が今春公開。
 

日本歯科医師会デンタルマガジン 朝昼晩 Vol.15 (2005/2)より 

---------------  Copyright(C) Laporte Dental Clinic  ---------------------




| 室伏広治 | 小林麻美 | 大林基子 | 根本はるみ | 松下由紀 | 松岡修造 | 純名りさ | 斉藤陽子 | 薬丸裕英 | 熊田曜子 | 乙葉 |
| 飯星景子 | 小池栄子 | 吉岡美穂 | 雛形あきこ | 丸山茂樹 | 和久井映見 | えなりかずき |


小学生のころはラジオの野球中継を聞きながら、歯の治療を受けていました。
もちろん阪神戦ですが。


新しいハミガキ籾が出ると一度は試してみないと気が済まない。そんな性格なんです。
ハキハキとした口調で、いつも元気なイメージの飯星さん。


いまやワイドショーやトーク番組では、なくてはならない存在だ。そんな飯星さんの趣味は、観劇やスポーツ観戦。オペラやバレエ、フィギュアスケート、野球など、さまざまなジヤンルのものを観にいくそうだ。
 「ライブだと、TVのカメラアングルでは映らないシーンが観られるでしょ。そのカメラには映らない選手の動きなどを観るのが好きなんですよね」
特に野球に関しては、熱烈な阪神ファンとしても有名で、その歴史は子供のころまで遡る。
 「小学生くらいから、阪神が大好きで、歯科医院で治療を受けながら、野球のラジオ中継を聞いていたこともあるほどなんですよ」阪神の話題となると、よりいっそう顔が輝く。
 「実は、当時、アゴが小さいのに歯が大きかったので、歯列矯正をしていたんです。それで数カ月に何度か、定期的に歯科医院に通っていたんですが、歯医者さんは怖いし、痛いし、嫌だったんです。それで大好きな阪神の試合のラジオ放送を聞きながら、治療を受けて、泣きながら応援していました(笑)。
だから野球のシーズンオフに歯科医院に行くのが嫌で嫌でしょうがなかったんです」
でも、いまとなっては矯正をしていて良かったと感謝しているようだ。
 「あの頃は、矯正をしている人は本当に少なかったんです。私の周りでは、弟くらいでしたから。でも、大人になってから矯正している人の話を聞くと、いろいろ大変そうですものね。もちろんそれぞれお口の状態によって治療法は異なるとは思うのですが。その点、私は、小学生のときにやっていて良かったなと、親に感謝しています」
 実は親戚の叔父さんが歯医者さんだったということなので、飯星家はもともとデンタルIQが高く、ご両親もお口のことに関心が高かったようだ。そんな飯星さんも、タレントとなったいまは、お口に関して興味津々。
 「最近、気になるのは審美ですね。私の周りにも歯が白くてキレイな方がたくさんいますから」
 どうやら歯医者さん嫌いはとっくに脱して、より積極的にプロケアを望んでいるようだ。
「自分では、毎日きちんと朝・昼・晩と、電動歯ブラシでみがき残しがないように、丁寧にみがいています。ハミガキ粉も、新しいものが出ると片っ端から試さないと気が済まないんです」
 お口に関しては人一倍関心が高いようだ。
 また、「病気しても損なだけだから」と健康に気を配っているとか。風邪かなと感じたら、すぐ薬を飲んだり、休んだり、病気になるその前のケアがしっかりしているから、毎日のオーラルケアも熱心なのかもしれない。

いいぼし・けいこ
●タレント・作家。大阪府出身。MBS「あん」レギュラー出演中。他にもNTV「ザ・ワイド」などのコメンテーターをはじめ、TV・ラジオ・講演会などで幅広く活躍。さらに短編小説集「雨の中の5センチ」(角川書店、1993年)を執筆するなど、才女ぶりも発揮している。


日本歯科医師会デンタルマガジン HAPPY SMILE Vol.12 (2004/10)より 

---------------  Copyright(C) Laporte Dental Clinic  ---------------------




| 室伏広治 | 小林麻美 | 大林基子 | 根本はるみ | 松下由紀 | 松岡修造 | 純名りさ | 斉藤陽子 | 薬丸裕英 | 熊田曜子 | 乙葉 |
| 飯星景子 | 小池栄子 | 吉岡美穂 | 雛形あきこ | 丸山茂樹 | 和久井映見 | えなりかずき |


むし歯の痛みを乗りこえた教訓は、歯医者さんはこわくない。

歯医者さんは大の苦手、小学校の時以来なんと10数年ぶりでした。
信頼できる歯医者さんとの出会いで歯に対する意識は激変し、「もっと早く治療を受けていれば」と痛感されたそうです。


歯の治療からは逃げられない!

 小池栄子さんといえば、健康的な笑顔と歯切れのいいトークが持ち味。美しい歯を見るかぎり、むし歯には縁がないようですが、「昨年の夏からどっぷり歯医者さんのお世話になっています」。実は歯医者さん通いは小学2年生の時以来。その間、ときどきむし歯が痛んでも、つい治療を後まわしにしてしまっていたそうです。
 通院のきっかけは、ドラマの撮影中に歯が痛み出したこと。「あまりの苦痛で顔がゆがみ、これではお芝居ができないと泣きそうでした」
 知人に紹介された歯科医院に駆けこむと、痛んでいた歯はかなりむし歯が進行した状態。さっそく集中的なむし歯の治療がスタートしました。
「どこかで歯のことをきちんと考えることから逃げていましたね。もっと早く歯医者さんに行けばこんな思いはしないですんだのに。大反省でした。皮膚の傷と同じように考えていたところがあって(笑)。歯が自然治癒するなんてありえないと身にしみました」
 これまでも何度か歯科医院を訪れたものの続かなかったのに、今の通院が定着したのは、「信頼できる歯医者さんと出会えたから」と小池さんは断言。
「ていねいな説明と先生の笑顔が続いている理由。歯の状態を聞いて不安になることもあるけれど、必ず『でも、大丈夫。治りますよ』と笑顔でおっしゃってくださるので安心です」
 今の先生はやさしいだけでなく、指導したケアを小池さんが怠けると本気で怒られるとか。「なぜこんなむし歯になったかといえば、自分がずっと歯医者さんを避けてきたから。最初にそれを指摘され、私という人間を見抜かれた気がしました(笑)」

歯のケアは、「楽しみながら」が一番


 歯医者さんに通うことで.番変わったのは、歯みがきに対する意識。以前は、食後もガムをかむ程度だったのに、今は常に歯みがきセットを携帯。食後すぐにみがかないと気持ちが悪いと思うようになりました。家では10分くらい時問をかけて丹念にみがくそうです。
「将来子供ができたら私のような状態になる前に、歯みがきは楽しいものと教えたい。そのためにも今は自発的にケアグッズを選んで楽しんでいるところ。フロスや電動ハブラシなど、まだ試していないので挑戦してみたいです」
 小池さんは、自分の歯を鏡でよく見ることも心がけています。「毎日見ていると歯の色や隙間など少しの変化でも気づくようになる。顔や体型をチェックする感覚で常に歯を見ていますね」
 また、励みにしているのは歯科医院の待合室に貼ってある一枚のポスター。「とってもきれいな歯の笑顔のモデルさんで、あんな歯になりたいと治療への意欲が湧きます。歯医者さんが苦手なら、素敵な笑顔の人を見つけて、理想の歯の目標にするといいかも」
 むし歯の痛みには悩まされた小池さんですが、そもそも歯の強さには自信がある方。「固いものが大好き」だそうで、梅干しなどはタネを歯で割ってしまうほど。「アメや氷など必ずかみ砕いてしまう。小さい頃からスナック菓子より、おせんべいが好き」。話題が豊富で回転の速い小池さんの頭脳は、「かむ」という刺激によって鍛えられているのかもしれません。

 わたしのデンタルケアポイント
 @食後、すぐに歯みがきをする
 A自分の歯を鏡でよく見る
 B理想の笑顔と歯を見つける

小池栄子(こいけえいこ)
1980年東京都生まれ。高校在学中にスカウトされデビュー。現在ドラマ「ドールハウス〜特命女性捜査班」(TBS)に出演中。
「ワンナイR&R」(フジテレビ)などバラエティ番組でも幅広く活躍。ドラマでは「こころ」(NHK)、「あなたの人生お運びします」(TBS)、2002年には「ライアーガール」で舞台にも挑戦、女優としても注目される。


日本歯科医師会デンタルマガジン 朝昼晩 Vol.16 (2004/2)より 

---------------  Copyright(C) Laporte Dental Clinic  ---------------------




| 室伏広治 | 小林麻美 | 大林基子 | 根本はるみ | 松下由紀 | 松岡修造 | 純名りさ | 斉藤陽子 | 薬丸裕英 | 熊田曜子 | 乙葉 |
| 飯星景子 | 小池栄子 | 吉岡美穂 | 雛形あきこ | 丸山茂樹 | 和久井映見 | えなりかずき |


おやつに煮干し。よくかむことが、きれいな歯の秘訣です。

CMにバラエティ、ドラマに今注目を集める吉岡美穂さん。その魅力はすらりとした手足と、心癒される清楚な笑顔。お仕事柄、健康づくりに気をつけるのはもちろん、最近では歯の大切さを意識して歯科医院に通われているそうです。美しい歯を保つためのケアや心がけについて伺いました。

何でも相談できる歯医者さんとの出会い
 今、TVでその爽やかな笑顔を見ない日はないほどご活躍の吉岡さん。デビュー当時は撮影会の仕事も数多くこなされてきました。「アップの時に歯がきれいでないと自信を持って笑えないので、だんだん歯を意識するようになったんです」
 たくさんのカメラに気持ちの上で負けないためにも、表面的な美しさより健康に裏づけられた美しさが大切だと実感。「奥歯などの見えない部分がきれいな人は、男女を問わず素敵だなあと、憧れます。目標はおばあさんになっても自分の歯でおいしく食べること」。
そのため半年前から歯医者さんの定期健診もスタート、日頃のケアにもずいぶん注意するようになられたそうです。
 家ではお風呂にゆっくりつかりながら、電動ハブラシを使われています。お気に入りは奥歯にも使いやすい小さなデンタルフロス。お仕事の時も常に歯ブラシセットと共に携帯して、機会があれば使っているそうです。歯の隙間や裏側の歯垢をとるクリーナーなども使い分け、歯みがきできないような外出先でも、食後は必ずうがいを欠かしません。
「歯医者さんで自分に合ったケア用品をすすめていただいてから、ぐんとみがきやすくなりました」
 そんな吉岡さんも、昔は歯医者さんが苦手でした。小学生の頃、むし歯を我慢しすぎたためとても痛い思いをしたとか。トラウマを克服したのは今通院している先生のおかげだそうです。
「歯への意識は自分に合った歯医者さんと出会えるかでもすごく変わることがあるんですね。今の歯医者さんは、私にとっては何でも相談できるので、不安がなくなりました」

吉岡さん流、嫌いな食べ物も楽しみながら好きになる
 歯医者さんが苦手なだけでなく、子供時代はいわゆる「今どきの軟弱な食生活」だったとおっしゃいます。
「かたいものが全然食べられなかったんです。おせんべいもかじれないしお肉法ダメ。大人になって好き嫌いがなくなハたのは、嫌いなものほど身体にいいと与ついたから(笑)」
 きっかけは食事をしている時、自分が嫌いなものをおいしそうに食べている人を見て「そんなにおいしいの?」と試してみる気になったことから。
健康にいいと聞けば、たとえ嫌いでも、その食べ物の良い点を探して好きになるそうです。「煮干しも歯と体にいいと聞いて食べ始めた頃は、とてもにがかったんですよ。
でも、かめばかむほど味が出る、なんがか得した気分だな(笑)なんて、いいところを探しながら食べているうちに、本当に好きになっちゃうんですよ」
 さらに、趣味の料理も健康を考えスことで、変わってきました。「繊維質は歯にもいいと聞くので常に旬の野菜をストックしています。昔から私はカルシウム不足でよく二枚爪になっていたのですが、小魚などでカルシウムを摂ると爪か固くなる。結果を知ると食べ物が身体をつくっているとしみじみ感じますね」
そういった食事への気づかいを吉岡さんはむしろ楽しんでいる様子。無理することは誰でも長くは続かないもの。
百岡さんの素直な探求心は、歯に役立リ食生活改善を考える上でも多くのヒントがありそうです。

わたしのデンタルケアのポイント
@使いやすいデンタルケアグッズを使い分ける
A信頼でき相談しやすい歯医者さんに通院する
B食後に歯みがきできないときは、必ずうがいを
吉岡美穂(よしおかみほ)
1980年大阪府生まれ。2000年デビュー、昨年は外国語講座イタリア語会話」(NHK教育テレビ)で注目を集め、CMでも活躍、クニミツの政(KTV)、『俺は鰯』(WOWOW)などドラマや、今秋公開予定の映画「巌流島、にも出演、現在は女優へのステップを歩む。

日本歯科医師会デンタルマガジン 朝昼晩Vol.12 (2003/7) より 

---------------  Copyright(C) Laporte Dental Clinic  ---------------------




| 室伏広治 | 小林麻美 | 大林基子 | 根本はるみ | 松下由紀 | 松岡修造 | 純名りさ | 斉藤陽子 | 薬丸裕英 | 熊田曜子 | 乙葉 |
| 飯星景子 | 小池栄子 | 吉岡美穂 | 雛形あきこ | 丸山茂樹 | 和久井映見 | えなりかずき |


小さなお子さんの歯は、チェックしながら
お母さんがみがく。歯の健康維持はここから始まります。


 仕事柄、人とお会いしたり話をしたりとかが多いものですから、臭いの強いものを食べた時とか間食をした時にも気をつかっています。
母が言うには、私は小さい頃とてもむし歯が多い子だったそうです。

佐藤 それは乳歯の頃だと思いますね。残念ながら乳歯をむし歯にしてしまう人はたくさんいますが、雛形さんはその後は歯や歯並びに大変気をつかっているご様子。とても大切でいいことですね。
雛形 でも、気を付けていてもむし歯になったりとか病気…歯周病ですか?…になったりするのですか。歯ブラシだけで予防できるのですか。
佐藤 歯の二大疾患は、むし歯と歯周病です。実はどちらも歯の汚れが原因になるわけですから、この汚れを落とす、汚れを溜めないことが有効な予防手段になるわけです。それには雛形さんのように、食べたら必ず歯ブラシですぐみがくことです。あと、ここにあるような(佐藤先生手に持って)補助器具といいますか、歯間ブラシなどもいいですね。
雛形 家にはハンドルの先がU字になって糸の付いたものがありますが。
佐藤 それはデンタルフロスの仲間で、やはり歯と歯の間の汚れ落としに効果的です。歯ブラシだけでは、100%汚れは落とせません。一般の人のみがき方では70%位でしょうか。歯間ブラシやデンタルフロスを使って90%以上達成というところでしょうか。
雛形 みがき方のコツとか、ブラッシングにかける時間はどれ位がいいのかなどが大切になってきますね。
佐藤 雛形さんは、歯科医院でブラッシング指導を受けられたことはありますか。
雛形 はい、あります。
佐藤 どこの歯科医院でも歯のみがき方を教えてくれますね。歯ブラシの持ち方から、子どもだけにではなく大人の歯周病を防ぐブラッシングまで。歯科衛生士さんの仕事です。
雛形 歯ブラシの持ち方ですか。そんなことも大切になってくるのですか。あまり考えていませんでした。
佐藤 そうです。歯ブラシはえんぴつを握るように軽く持ってください。手のひらで握りしめる人がいますが、力が入りすぎて歯ブラシの毛先が的確なところに届きません。鉛筆握りで軽く、歯と歯肉の間に毛先を当てるように、左右に小刻みに動かします。このみがき方を「バス法」といって、歯周病にも大変有効な方法なのです。
雛形さんは一児のお母さんですが、お子さんのことでなにか苦労はありませんか。
雛形 女の子で一歳半になりますが、私と一緒にみがいています。まだ小さいので安全な形の歯ブラシを与えていますが、それで遊びながらおしゃぶりのようにみがいていますね。でもみがけているのかどうかが分かりません。
佐藤 まず歯ブラシで遊ぶというのは、動機付けとして大切です。でも、小さいときはお母さんがみがいてあげてください。お母さんが座って、お子さんを仰向けに寝かせて股ではさむ。大きくロを開けさせて覗きながら一本一本みがきます。親子だからできるスキンシップです。
雛形 そうですか。今日から早速(笑)。それと、私のいっている歯医者さんは定期健診のとき子供も聰緒に連れて来てといいます。
佐藤 それはいいことですね。それと小さいお子さんにはフッ化物が有効です。定期的なフッ化物の塗布が歯を強くしてむし歯を防ぎます。かかりつけの歯科医院で半年に一度はチェックと処置をしてください。
雛形 今日は知らなかったことや、あらためて大切なことをお聞きしました。ありがとうございました。

日本歯科医師会デンタルマガジン 歯の学校 Vol.33.(2001/11) より 

---------------  Copyright(C) Laporte Dental Clinic  ---------------------




| 室伏広治 | 小林麻美 | 大林基子 | 根本はるみ | 松下由紀 | 松岡修造 | 純名りさ | 斉藤陽子 | 薬丸裕英 | 熊田曜子 | 乙葉 |
| 飯星景子 | 小池栄子 | 吉岡美穂 | 雛形あきこ | 丸山茂樹 | 和久井映見 | えなりかずき |


おしえて!きれいな歯の秘密

米国PGAツアーでの2度の優勝、全英オープンでの善戦と海外でも大活躍中の丸山茂樹さん。
厳しい勝負の世界でも笑顔を忘れず、多くのファンに親しまれています。
今回、日本歯科医師会のザ・ベスト・スマイル・オブ・ザ・イヤー賞を受賞された丸山さんに、
健康な歯を保つための秘訣を伺いました。


ゴルファーにとって歯の健康はとても大切です。

---ザ・ベスト・スマイル・オブ・ザ・イヤー賞の受賞、おめでとうございます。
丸山 ありがとうございます。良いプレイができた時に自然に出る笑顔が、皆さんに良い笑顔だと章肖ってもらえたのかな、と思います。

---やはり、プロゴルファーとして歯の健康には気をつけておられるのでしょうね。
丸山 そうですね。僕は3歳ぐらいから父の練習について行ってクラブを振っていましたが、乳歯から永久歯に生え変わる時期に歯が抜けムため、打つときに力が入らかかったという記憶があるんです。本格的にゴルフを始めでからは、よく打った日はかみ疲れのような症状も出ます。それだけ歯に力がかかっているんでしょうね。だから、ゴルファーにとって歯の健康はとても大切だと思っています。


---普段、どのようなケアをされていますか?
丸山 1日に4〜5回は歯をみがきます。デンタルフロスも時間をかけてやりますね。夜の歯みがきは2歳の息子と.緒に5分ぐらいみがいていますよ。

---患子さんの歯にも気をつけておられるのですね。
丸山 はい。今の僕の歯はすべて治療済みですが、子供の頃のむし歯で神経をとってしまつた歯もあるんです。もっと前からきちんとケアしておけばよかったと思っているので、息子の歯には注意していますよ。彼はまだチョコレートを食べたことがないんです。(笑)仕あげの歯みがきも毎日僕がしてあげています。

信頼できる歯医者さんに出会えて感謝しています。

---今、ほとんどアメリカでの生活ですが、歯の健康について日本との違いを感じることはありますか?
丸山 日本に比べてアメリカ人の歯に対する関心は、かなり高いですね。タイガー・ウッズの歯も驚くほど白くきれいでしたね。スポーツ選手とかだけじゃなく、一般の人の意識も高いんです。だから歯並びもきれいだし、むし歯も少ない。

---かかりつけの歯科医院はあるのですか。
丸山 大学生の頃から14年ぐらい同じ先生にお世話になっています。今はアメリカにいるから1年に1回ぐらいしか行けませんが、行ったときはまとめて5〜8時間かけて治療してもらいます。この先生は、歯の状態を細かくチェックして、丁寧に説明して治療してくれるので安心して任せられます。デンタルフロスも勧められて使うようになったし、先生に出会ったことで歯に対する知識がとても高くなりました。信頼できる歯医者さんを見つけることはとても大切なことだと思います。

---先生の熱心な歯科指導・治療とご自身の毎日のケアで、今の健康な歯があるんですね。これからも今の健康な歯を保たれて、また18番ホールで最高の笑顔を見せてくださることを期待しています。
丸山 はい。シニアになっても自分の歯でプレイできるように、今後も歯の健康に気をつけていきたいです。

@1日に4〜5回歯みがき
A時間をかけてデンタルフロスを使う
Bかかりつけの歯科医院に通う
丸山茂樹(まるやましげき)
1969年千葉県生まれ。92年にプロ入り。国内ツアーで活躍後、2000年より米国PGAッアーに本格参戦。今季は、バイロンネルソンクラシックなどで優勝。日本人初の2勝を挙げ、同ツアー賞金ランキングー6位の成績を残した。
また、世界選手権最終戦では、伊沢利光と共に日本に45年ぶりの優勝をもたらした。

                        
日本歯科医師会デンタルマガジン 朝昼晩Vol.11(2003/2) より 

---------------  Copyright(C) Laporte Dental Clinic  ---------------------




| 室伏広治 | 小林麻美 | 大林基子 | 根本はるみ | 松下由紀 | 松岡修造 | 純名りさ | 斉藤陽子 | 薬丸裕英 | 熊田曜子 | 乙葉 |
| 飯星景子 | 小池栄子 | 吉岡美穂 | 雛形あきこ | 丸山茂樹 | 和久井映見 | えなりかずき |


妊娠中のお母さんの歯が悪くなる。
    これには理由があります。

自分の歯は、自分の健康のバロメーター。そんな感じですね。
いつもさわやかで、美しい笑顔の和久井さん。
普段のドラマやCMの顔とは違つて、私たちと同じ歯の悩みや
疑問を、母親としての一面をのぞかせながら、
石川先生に聞いていただきました。
石川 大変きれいな歯をされていますが、定期的に歯科医院にいくとか、なにかケアはしていますか。
和久井 小さい頃から、歯医者さんは苦手で。行かなくていいようにと歯みがきをしていましたね(笑)。仕事をするようになってから、忙しくて、いよいよ痛みだしてからじゃないと行かない…。そんな状態が続いています。
石川 「8020運動」をご存じですか。80歳を過ぎても、20本以上自分の歯を保って、健康で元気に生きようということです。
和久井 それで、皆さん20本の歯は残されているのですか?
石川 いえいえ、現実には平成11年度のデータでは「8008」、平均8本でした。ところで、8020達成者などを調べると、皆さん元気で、話しもしっかりしていて呆けてなんかいない。また、「かかりつけの歯科医」がいて、定期的に健診をされている人は歯が丈夫でありました。このことから、若い頃からも「かかりつけの歯科医」を持つことが大切なことなのだといえますね。
和久井 「マイ歯科医」(笑)。私は、連続ドラマなどで仕事がハードになると、ここのところ歯ぐきが腫れた感じ、歯が浮いたようになります。「あ、来たな」と健康のバロメーターのようで、これが起こると自分の健康を気遣っています。
石川 過労やストレスで歯が浮いたような状態になったり、また妊娠5か月頃までに歯が痛むこともあります。このことは、歯の中や歯の周辺の血管が充血状態になって、痛みを感じると考えられています。不思議ですが、「あなた少し休みなさいよ」という、脳からの信号発進ではないでしょうか。私たちの身体で、脳から直接出ている脳神経は12本あります。そのうち半分近くの神経は歯やロ、またその周りの場所にきております。それだけ歯やロは敏感であり、大事なところではないでしょうか。
和久井 私も1児の母ですが、「子供を1人産むと歯が1本減る」、妊娠中にこんな話しも聞きました。カルシウム不足になるということでしょうか。
石川 妊娠中に赤ちゃんにカルシウムを摂られるから、お母さんの歯が弱くなる。これは科学的な根拠はありません。妊娠中にお母さんの歯が弱ったりむし歯になる。この原因は主に、妊娠中のホルモンの影響、ロの中が酸性になりやすい、歯の手入れが面倒になる、これらの原因で歯が弱くなるということなのです。
和久井 そういうことなんですか!石川 ですから妊娠期間中は、普段以上に、よりていねいなブラッシングや歯の手入れが重要になります。妊娠したら、お腹だけでなく自分の歯の健康も忘れずにということでしょうか。
石川 いいことですね。赤ちゃんのおしゃぶり行為も、歯への刺激にもなり唾液も出ますし、ロの周りの筋肉を発達させるなど、最近はおしゃぶりの効用が見直されています。一人できちんと歯みがきができるまでは「寝かせみがき」といって、お母さんの足の間に仰向けに寝かせ、お子さんのみがきづらい部位をみがいてあげる。親子のスキンシップとしてもぜひそうしていただきたいですね。そして結論的には、親子で、家族で関わりあえる、フレンドリーに相談のできる「かかりつけの歯科医」を持つことです。
和久井 ありがとうございました。
日本歯科医師会デンタルマガジン 歯の学校Vol33(2000/11) より 

---------------  Copyright(C) Laporte Dental Clinic  ---------------------





| 室伏広治 | 小林麻美 | 大林基子 | 根本はるみ | 松下由紀 | 松岡修造 | 純名りさ | 斉藤陽子 | 薬丸裕英 | 熊田曜子 | 乙葉 |
| 飯星景子 | 小池栄子 | 吉岡美穂 | 雛形あきこ | 丸山茂樹 | 和久井映見 | えなりかずき |


おしえて!きれいな歯の秘密

名子役として、多くの人々に親しまれてきたえなりかずきさん。最近ではバラエティ番組への出演や歌手デビュー、エッセイ集の発売など、その多彩な活躍ぶりが注目を集めています。さわやかな笑顔が素敵なえなりさんに、健康できれいな歯を保つための秘訣をうかがいました。

先輩の役者さんを見習って歯の健康に気をつけています。
・・・3歳から芸能活動をされているということで、幼い頃から歯のケアには気をつけておられたのでは?
えなり そうですね。両親から歯はちゃんとみがくように言われていました。でも乳歯の時はむし歯があったんですよ。
・・・歯のトラブルで困ったことはありますか。
えなり 時代劇に出演することになったとき、奥歯に銀色の詰め物をしていたんです。見えたらまずいのでセラミックに替えることも考えましたが、幸いこれが最後の乳歯だったので抜けてくれて助かりました。
・・・そんな経験をして、それまで以上に歯のケアに気をつけられるようになられたのですね。
えなり はい。永久歯になってからは1本もむし歯になっていません。
・・・それは素晴らしいですね。
えなり 先輩の役者さんを見ていると、みなさん歯がきれいなんですよ。僕も見習わなくちゃと思って、むし歯をつくらないように気をつけています。
・・・歯並びもきれいですね。
えなり 幼い頃は前歯の並びが悪くて、サ行がうまく発音できなかったんですよ。それを気にしているとき、先輩の役者さんに「昔は歯並びを気にしている人なんていなかった。固いものをよくかんで食べていたからじゃないか」と教えていただき、それからスルメとか固いものを意識してかむようにしました。そのおかげかどうかはわかりませんが、いい歯並びになりました。
毎日のケアと半年に一度の定期健診でむし歯を予防。
・・・毎日のケアは?
えなり 朝夕の収録前に5分ぐらいかけて歯みがきをします。忙しくてできないときはお茶でうがいをすることもあります。時間に余裕のあるときは、夜寝る前に歯みがきの後、歯間ブラシやデンタルフロスを使っています。けっこうコマーシャルに影響されやすくて、新しいデンタルグッズがでると試してみたくなるんです。電動ハブラシも使っていますよ。
・・・定期健診には通われていますか。
えなり はい。幼いときからずっと通っている歯科医院で半年に一度健診を受けています。普段、自分でも口の中をチェックしていますが、やはり定期的にきちんと歯科医の先生に診てもらうことが大事だと思います。むし歯になりかけている歯を初期のうちに見つけてもらえれば、簡単な治療ですみますし、また一生懸命歯みがきをするようになります。
・・・本当に、幼い頃から歯を大切にしてこられたようですね。これからもむし歯のない健康な歯を保ち続けて
ご活躍ください。本日はありがとうございました。
     私のデンタルケアのポイント
     @ 歯みがきは時間をかけて
     A 半年に一度定期健診
     B 固いものをかむ
                               
日本歯科医師会デンタルマガジン 朝昼晩Vol9(2002/2) より 

---------------  Copyright(C) Laporte Dental Clinic  ---------------------